ITエンジニアやITクリエイターの転職のタイミングとは

ITクリエイターの転職のタイミングとはいつなのでしょうか?

 

もちろんタイミングは人それぞれですが転職は客観的な判断がしにくいこともあり、適している時期など見逃しにくいこともあります。

 

そんな転職の時期について考えていきます。

 

これだけは逃していけない転職の時期

最高な時期については人それぞれのため、いくつか上げてももちろん当てはまることもありますし当てはまらないこともあります。

ただ、逆に最低こうなったら転職を考えるという時期ももちろんあります。

 

それは、仕事が原因で体に変調をきたしている時です。

特に仕事のことを考えると眠れなくなる・不安で色々なことが手に付かないといった症状が出る方は休養・転職など日常を変える手段があることを忘れてはいけません。

仕事が人生の全てではないですし、もしそこから逃げられないと思って実際に離れてみると思ったよりも周りは気にしていないというケースも多くあります。

一度専門の医師への診療も含め、このような状況の方は周りからのアドバイスを受けることをお勧めいたします。

 

 

給与の面で考える

給与の面で言うと未経験から経験を積んだ方は2年〜3年のタイミングはとても給与が上がりやすくはあります。

また、5年をすぎたタイミングもある種のターニングポイントです。

給与は社会人を行う上では非常に重要なファクターとなります。

自身の評価の一つとして給与は非常にわかりやすい項目です。

給与が低く制度も曖昧で長い間働き続けると言うのは競争力という意味でも社会を健全に回していく上でもマイナスになります。

このタイミングで周りの方の給与と著しく差がある場合は一度どなたかに相談した方が良いでしょう。

ただし、給与だけで選ぶと後悔することも多くあります。

年月が増えることで関わることが可能になるプロジェクトなど増えていくようであれば単なる経験不足の可能性もあります。

また、転職などしてみてどれだけ今までの環境が優れていたかがわかるという話しは多く聞きます。

この段階に言えることは専門家のアドバイスを一度受けてみて客観的な評価をもらうことも大事かと思います。

 

 

スキルアップでの考え方

ある程度の経験を積んでいけばスキルアップをしたいという気持ちが強くなってくることもあります。

確かに環境はスキルアップの上では一番重要な要素と言えます。

ただ、その場合は自社の環境だけでスキルアップが本当にできないかを考えてみることが重要です。

上司の方などに相談すれば例えば転職まで考えているとなれば相談をうける側も真剣さが増しますし今で会社にその環境がなかったとしても改善されるかもしれません。

また、社外に目を向けてみると様々な勉強会など多数あります。

このような勉強会に定期的に出ることでスキルアップをはかることが出来ますし、第三者の方の様々なアドバイスを受けることもできますし、外部の会社のことを知ることもできます。

また、勉強会に意欲的な方は向上心が強いので他の会社の方から誘いを受けることなども多くあります。

スキルアップで伸び悩んでいる方は外に目を向けてみるのも解決策になるかもしれません。

 

 

キャリアアップでの考え方

スキルアップと似たように見えますが、キャリアアップは別の考え方になります。

例えばわかりやすいところではリーダー経験や大きなプロジェクトを実施した経験など。

スキル以外での社外でも通用する「キャリア」を考え定期的に棚卸しすることは非常に重要なこととなります。

例えばスキルは陳腐化しやすくはありますがキャリアは非常に長く経験として自他の重要な要素になることがあります。

もちろんキャリアを重ねる上での手法は陳腐化することはありますのでそれが絶対でもないのですが、キャリアを重ねることは自らの自身と根拠につながる部分でもあります。

それらを考えた上での転職はある意味非常に合理的と言えます。

ただし、大きなキャリアを積めるような会社は会社固有の文化に馴染むのに苦労することも多くありますし、また成功も商業的な部分などが多くあるのである意味博打的なこともあります。

見極めが難しいですが現在の環境でキャリアを大きく伸ばせるようなことがないかも考えてみると良いかもしれません。

自分の周りの環境は外部からの見え方と大きく異なることもあります。

今の環境でできることがあるかは、周りの友人や専門家などにアドバイスを受けてみるのも良いかもしれません。

 

 

環境面での考え方

会社は入ってみないとわからないことが多いですし合う合わないは多くあります。

これは人間関係も含むこととなります。

外から見ると魅力的に見える会社が中に入ってみるととても居心地の悪い空間であるということは普通にあります。

その上で環境に馴染まない場合は早いタイミングで転職を考えるのは手ではあります。

ただ、問題はあまりに短い時間でその決断をしてしまう、もしくは何度も短期間での転職を繰り返すと次の転職の際に本人の資質の問題と捉えられることもあり非常に難しくはあります。

見極めが難しい部分ではありますし、外部からの判断も非常に難しい部分でもあります。

ただ、無理をしすぎると心身に変調をきたしますので思い詰める前に相談するのが良いと思います。

 

 

良くないパターンの転職とは

ここまでタイミングとしての話しでしたが、良くないパターンの転職としては「こうじゃなかった」という後悔をしてしまう転職です。

こうじゃなかったということは転職前の認識や思いと転職後の環境にギャップがあるということになります。

特に転職前の「会社は自身の評価を間違えている」ことや「今の会社ではこんなことが出来ない」といったことは次の会社でも同じ状況になる可能性があります。

この時に大事なことは第三者のアドバイとそれをきちんと受け止めることとなります。

 

転職は人生を変える大きな要素となります。

判断材料が多く迷うこともあるかもしれませんが、自身の人生で大事だと思うことを見つめ直しそれに沿った道に修正する良い機会でもあります。

また、社会は人と人の繋がりでもありますので、自分以外の人の意見を聞き最後に自分の大事にしているものと向き合うのは大事なプロセスでもあります。

是非、周りの信頼のできる方や専門家などにアドバイスを聞きつつ、クオリティ・オブ・ライフを向上できる選択をおこなってください。

 

 

エントリーして仕事を探す

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    年齢任意
    現在、または以前の職業任意
    希望の業務任意
    希望の勤務条件任意
    履歴書任意
    (※5MB以下)
    職務経歴書任意
    (※5MB以下)
    ポートフォリオ任意
    (※5MB以下)

     

     

    求人採用のエントリーはこちら

    エントリー