ITエンジニア向けの転職サイト7選

今回は「ITエンジニア」が転職の際に利用しやすい転職サイトをみてみます。

転職の際に利用するサイトで重要な項目として「エージェント型」か「システムマッチング」かということがあります。

 

エージェント型は転職を行う際に専門のアドバイザーが転職先などを勧めてくる形となります。

スキルやキャリアなどに応じてアドバイスを受けやすく、また会社に対しても客観的な判断があるというメリットがあります。

その反面、アドバイザーときちんと話し合わないと勧めてくる会社がそもそも希望に合わないことなどもあります。

 

システムマッチング型は直接企業とやりとりをでき、システムを通じて転職を進めます。

メリットとしては条件などを一律で比較できるので多くの企業を自身で比較できます

デメリットとしては企業の採用担当も決してPRのプロばかりではないので、企業の魅力などサイトに出せていないケースなどあり、企業のPR力で見え方に大きな差が出てしまうという点です。

 

また、エージェント型の方がシステムマッチングに比べて採用費用が高い傾向があるので企業側としてはシステムマッチングの方が採用がしやすくはあります。

ただ、逆に言えばエージェントを介しての方がコストが上がる分、希望や会社の方針などを伝えているので、選定に時間をかけることができ、コストが上がるので採用への真剣さも上がりますのでミスマッチが少なくなるということもあります。

 

それぞれ企業・求職者にメリット・デメリットはあるでしょう。

 

そんな求人サイトでITエンジニアが利用しやすいものをあげています。

 

Green

ITクリエイターの転職情報を非常に多く扱っている老舗のシステムマッチングのサイトです。

スカウトなどもされやすく、IT業界で転職を考えるのであれば一番初めに登録するという点では良いと思います。

求人企業側も使いやすいので非常に多くの企業に利用されています。

大手企業・中小企業など気になる会社が見つかりやすいサイトです。

 

Green:https://www.green-japan.com/

 

 

Wantedly

SNSでの企業の認知度の向上を行うシステムマッチングの転職サイトです。

企業の担当者やトップの「顔」が見えやすく社風などを知る上で最もわかりやすいサイトかもしれません。

カジュアル面談などもしやすいので通常の転職とは変わったアプローチでの面談ができる可能性があります。

SNSに力を入れている比較的社風の新しい企業が利用するケースが多いです。

 

・Wantedly:https://www.wantedly.com/

 

 

paiza転職

paiza転職はプログラミングコードなどを見てもらい転職をすることができるという少し変わったサイトです。

「プログラミング技術」という軸で評価をしてもらいたい職人気質の方などに向いているサイトと言えるでしょう。

スキルチェックの問題など定期的に出ており、そちらを解くだけでもパズル的にとても面白いサイトです。

スキルチェックなどで求人企業の通化ランクなども設定しており、まさにITエンジニアに特化したサイトとなっております。

 

・paiza転職:https://paiza.jp/career

 

 

マイナビAGENT

マイナビが運営しているエージェント型の転職サイトです。

ITに特化というわけではないのですが求人企業の数などが多くあり転職の際に様々な企業を進めてくれます。

大手ということもあり対応は非常に丁寧ですので初めての転職の方など利用しやすいでしょう。

また、IT企業以外での社内ITなどの案件も多いので他のサイトとは違った趣の求人も多くあります。

 

・マイナビAGENT:https://mynavi-agent.jp/

 

 

BIZREACH

「ハイクラス求人」という高年収のレイヤーゾンの求人を主流にしているシステムマッチングのサイトです。

システムマッチングと言いつつ、エージェント企業も多く利用しているのでエージェントからのスカウトも非常に多くくるサイトとなっています。

ある程度のスキルやキャリアなどがあれば多数の企業からスカウトが来るでしょう。

ただ、ユーザー企業での利用よりもエージェントからのスカウトの方が利用としては多いかもしれません。

・BIZREACH:https://www.wantedly.com/

 

 

サンカク

少し変わった転職を行うサイトとしてプロジェクトに参加して会社の雰囲気などを掴むのもミスマッチの少なさでは大事かもしれません。

サンカクではまだ辞めるほどの意志の固まった方でない人でも外部のプロジェクトに参加することで「もっと成長したい。」「チャレンジングな経験を積みたい。」といった意欲を満たすことができ、企業に会いに行くことが出来ます。

少し長いスパンで転職を考えている場合はこういった転職の方が確実かもしれませんん。

 

・サンカク:https://sankak.jp/

 

 

TechClips

TechClipsは首都圏のITエンジニアの求人を多く扱う、高年収と高待遇に特化したエージェントサービスです。

現役エンジニアによるカウンセリングなども受けることができるのも特徴の一つでしょう。

VRやAIと言った専門性の高い分野の求人など特化型で扱っているのが特徴です。

 

・TechClips:https://agent.tech-clips.com/

 

 

実際にどんな転職サイトを使うべきか

こちらはサイトによって違いがありますし、エージェントからの連絡が嫌い、スカウトがうざいといった好みも多くあると思いますのでなんとも言いにくいところがあります。

それらの好みで選んでみるのも良いかもしれません。

興味がありましたら以下のフォームから「ジョブコラ」への登録も是非お願いします。

 

 

エントリーして仕事を探す

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    年齢任意
    現在、または以前の職業任意
    希望の業務任意
    希望の勤務条件任意
    履歴書任意
    (※5MB以下)
    職務経歴書任意
    (※5MB以下)
    ポートフォリオ任意
    (※5MB以下)

     

     

    求人採用のエントリーはこちら

    エントリー