履歴書と職務経歴書の書き方・ポイント   ☆当社テンプレダウンロード

履歴書と職務経歴書の作成時におさえべきポイント

正社員や契約社員への転職を検討している際には、ほとんどの企業様において、
履歴書と職務経歴書の提出は必須となります。

社員採用では、“即戦力であるか”を重視されつつ、“社風に合うか”“長く働いていけるか”、
という観点から“要約力、文章力、読みやすさ、正確さ”も求めれますので、
おさえべきポイントがいくつかあります。

◇Word形式
◇職務経歴書は、A4サイズ1,2枚を中心に最大4枚程度
◇求人票に記載されている内容と関連づける
◇履歴書には社名や社歴を全て記載
◇箇条書きを基本に適切な分量で作成
◇誤字脱字を中心に見直し・都度ブラッシュアップ

書き方における6つのポイント

◇Word形式
・志望動機を中心に、論述が主となるのでデータ形式はWordを推奨しております。
・手書きも悪くはないですが、“PCスキルは大丈夫か”“大事な部分が読みづらい”
といった印象を読み手に与えかねないため、出来る限りWord形式で作成することを
オススメしております。

◇職務経歴書は、A4サイズ2枚を基本に最大4枚程度
・特に職務経歴書では、ビジネス全般で求められる“自身の強みやアピールポイントは何か”や

“要約能力”が問われますので、最大でも4枚程度におさめるのが良いです。
・5枚以上になりますと読む側の負担になりますので、注意してください。
・ご経験の中でも“直近1,2年の業務やプロジェクト内容”が特に重視されますので、
特にこの期間を詳細に記載し、それ以外は要点のみをコンパクトに記載すると良いです。

◇求人票に記載されている内容と関連づける
・書類選考通過のポイントは、“想定ポジションや社風にマッチするか”ですので、
書き方に迷った時には求人票をもとに書き出していくと良いです。
・面接時には、職務経歴書をもとに質疑応答が行われますので、
面接時に活用できるような内容にしておくと尚良いです。

◇履歴書には社名や社歴を全て記載
・社員採用では、“長期での就業や育成”を想定しておりますので、
社名や社歴は全て記載が必要です。

◇箇条書きを基本に適切な分量で作成
・求人票の情報や読み手(アサイン担当者や人事の方々)が求めているスキル・ご経験を想定し、
そこに沿った情報を箇条書きで書いていくと書きやすいです。
・もし長文になってしまう際には、下記のような点を意識して頂くと良いです。
“伝えたいポイントは何か、会社やプロジェクトに貢献できる・できた点はどこか”

◇誤字脱字を中心に見直し・都度ブラッシュアップ
・書類では、“ミスなく正確な仕事が出来る方か”という観点も問われます。
・書類選考や面接を重ねていくと追記や修正したいポイントも出てきますので、
その際には都度ブラッシュアップを行うと内容が洗練されていきます。

履歴書と職務経歴書の当社テンプレダウンロード

当社テンプレートはそれぞれ下記よりダウンロード可能です。

◇履歴書   https://xfs.jp/DDZz4b

◇職務経歴書 https://xfs.jp/a54ChR

最後に、当社では“書類は(今後のキャリアにおける)武器になる”とアドバイスしており、
より詳細で個別のアドバイスやサポートも行っておりますので、
もしご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

エントリーして仕事を探す

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    年齢任意
    現在、または以前の職業任意
    希望の業務任意
    希望の勤務条件任意
    履歴書任意
    (※5MB以下)
    職務経歴書任意
    (※5MB以下)
    ポートフォリオ任意
    (※5MB以下)

    求人採用のエントリーはこちら

    エントリー