オンライン面接で気をつけるべきポイント~面接前

2020年以降、新型コロナウイルスの影響により面接方法を対面からオンラインへ
切り替えた企業が増え、当社の推計では80%ほどの実施率になっております。

オンライン面接では対面とは違った準備やおさえるべきポイントがあり、
先ずは面接前に気をつけべきポイントをご参考ください。

環境

①.ネット
自宅や自室の通信環境を把握・整備する事は非常に重要です。
インターネットの通信速度が遅いと、音声のタイムラグが発生したり、画像がフリーズしたり、
接続が途切れるなどのトラブルが発生し、面接官に対して“リモートワーク出来る方ではないかも”
といった印象をあたえかねません。

通信速度の把握には下記のようなサイトを活用することをオススメしており、
最低10~30Mbpsが確保出来れば、オンライン面接をスムーズに行えます。

FAST  https://fast.com/ja/#

もし自宅の通信環境がよくない時は、レンタル可能なポケットWi-Fiを利用したり、
通信業者との契約形態を見直すことも積極的に考えて良いと思います。

②.部屋
同居人、ペット、宅配などの生活音にも注意が必要です。
最近ではリモートワークが浸透しており、過度なケースでなければ、
ある程度は面接担当社側は許容されますが、当の本人が焦ってしまうので、
事前に調整できる事はしておくとよいでしょう。

同居人がいる場合には、面接時間を伝え、その時間は極力静かに
過ごしてもらうようにしましょう。

また、ペットがいる場合には策の中に入れ面接官の視界に入る事がないよう
対処しておくとよいでしょう。

もし自室での実施が難しい場合には、シェアオフィスやコワーキングスペースでしたら、
事前に利用して問題なさそうであれば、利用するのはありです。
一方、ファミレスや屋外はNGですので注意してください。

端末・周辺機器やツール・アプリ

①.端末・周辺機器
最も良いのは、PCになり、タブレットや携帯電話は制限やリスクが比較的多いため、
極力避けていただいた方が良い結果につながると考えております。

また、パソコンによってはカメラやマイクが内蔵されていない機種や性能が悪い事がありますので、
別途WEBカメラやマイク機能付きのイヤホンを購入・準備するとより良いです。

オンライン面接を行う企業の大半がリモートワークを取り入れており、
もしこれらの機器がない場合には、リモートワークの際にも使用出来るので、
投資と思って購入にふみきってみて良いかと思います。

②.ツール・アプリ
最も良く使われるのは『Zoom』であり、使い慣れていない方は可能な限り、
事前に基本的な使い方を把握しておくと良いでしょう。

次点では『GoogleMeet』となり、こちらも独特な操作が必要ですので、
事前に基本的な使い方を把握しておくと安心です。

また、GoogleMeetの場合にはGoogleをプライベートで使っているケースが多く、
アイコンやプロフィール名に問題がないか確認をし、面接には不適当であれば、
編集しておくといいでしょう。

その他、メールやSNSでポップアップがありうる場合には、
事前にポップアップしないような設定にしておくことも心掛けておきましょう。

補足

上記はオンライン面接特有のポイントとなり、対面での面接で必要な
マナー、服装、コミュニケーションも改めておさえておくことも
大切にしましょう。

また、面接時には別途気をつけるべきポイントがありますので、
そちらは次回の記事でご紹介します。

エントリーして仕事を探す

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    年齢任意
    現在、または以前の職業任意
    希望の業務任意
    希望の勤務条件任意
    履歴書任意
    (※5MB以下)
    職務経歴書任意
    (※5MB以下)
    ポートフォリオ任意
    (※5MB以下)

    求人採用のエントリーはこちら

    エントリー